厄年

duckduckgooseboutique02

日本人は厄年にあたると厄払いをするために自分の干支にあたる神社やお寺に行くのですが、厄年は数え年となるので、その年度ごとの厄年早見表などを検索してみたほうがいいと思います。
生まれた年が1才として計算されますので、数え年についても調べてみるといいですね。
男性の場合は42歳が大厄となり、その前後の41歳・43歳は前厄・後厄となっています。
女性の場合は33歳が大厄で、その前後の32歳が前厄・34歳が後厄ということになります。
大厄をはさむ三年間はおとなしくしておいたほうがいいと言われていますが、迷信だという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、女性の厄年は当たっていることが多く、婦人病になったりすることも多い年だったりするので気をつけたほうがいいとも言われています。
厄年は出産することによって【厄落とし】ができるとも言われていますが、きちんと厄払いをしておいたほうが精神衛生上もいいような気がします。
災いが降りかかる可能性が高い年だと思いますので、今年が厄年だという方は、自分の干支のお寺を探して、お参りしてくるといいでしょう。
厄払いが目的であり、お祝いなどではありませんから、わざわざ白髪染めはせず、思い立ったときにすぐ行ってみた方がいいかもしれませんね。